認知症老人ホームの費用について

認知症老人ホームの費用について

【認知症の老人ホームの費用はいくらくらい?】

認知症に限らず、費用は有料老人ホームによってさまざまですが、基本的に最初にかかるのは入居一時金と月額費用、以降毎月かかるのは月額費用です。

 

 

東京の老人ホーム一覧へ

 

初期費用として、有料老人ホーム特有の入居一時金というものがあります。

 

2カ月目以降も毎月支払っていくものとして月額費用がありますので、最初はこれら2種類がかかります。

 

その他に外部の介護サービスを依頼したり、病院で診察を受けるなどの費用は入居者の方の体調などに応じて別途かかります。

 

 

入居一時金は0円から数千万円と幅があり、中には億以上のところもあります。

 

月額費用は12万円から30万円くらいです。

 

 

入居一時金を支払わなくていいならその方が得だと思ってしまいそうですが、無料のところはその分が月額費用に分割して加算されていきます。

 

 

有料老人ホームに引っ越すときにまとまった資金があるようでしたら、入居一時金があるところを選べば、今後の毎月の負担を抑えることができます。

 

 

 

・ご本人の代わりになって見学に

 

親族が認知症と診断された場合、有料老人ホームを探すときは認知症の方を受け入れている施設を探すようにしましょう。

 

施設を紹介するサイトの一覧を見てみると、「認知症受入可」「認知症相談可」などとわかりやすく表示されています。

 

 

有料老人ホームを決めるときは、見学に行ったり宿泊を試して、高齢者の方ご本人が自分に合っているかを判断します。

 

認知症の方の場合は、進行度によって自分で判断することが困難になっています。

 

ご家族が有料老人ホームの見学へ出向き、もし自分がすでに高齢者で認知症と診断されていたらという気持ちになってみましょう。

 

このホームの空間は過ごしやすいかな、スタッフさんや他の入居者の方の様子はどのように見えるかな、などと想像力をふくらませて見てることが必要です。

 

 

 

・認知症対応型共同生活介護

 

認知症の高齢者が入居する施設は、有料老人ホームだけではありません。

 

特別養護老人ホームやシニア向け住宅などいろいろありますが、特化しているといえば認知症対応型共同生活介護(グループホーム)です。

 

 

日本語の名称から想像がつくように、認知症の高齢者の患者さんばかりが介護スタッフの方のサポートを受けながら共同生活を送る場所です。

 

認知症と診断されているとしても、洗濯や清掃など日常的な作業などで、まだ自分でできることがあるものです。

 

こうした残っている能力を使い続けることは、気持ちを落ち着かせる作用があります。

 

気持ちが落ち着くようになると、認知症の進行を先延ばしにできるというすばらしい変化が確認されています。

 

認知症と老人ホームの費用に関するQ&A

 

Q:母親が認知症がひどく、物忘れや徘徊などもたまにあります。
また歩くのも危ないと感じるなど生活に支障をきたす場面が増えてきました。
家族全員働いておりまして認知症老人ホームなど介護施設への入居を検討しています。
この場合どういう施設に入ってもらうべきでしょうか?
また認知症の老人ホームの費用ってどのくらいかかるのでしょうか?

 

A:介護保険でそれぞれのサービスを利用するにあたって、要介護度によって限度額が決められています。
認知症の場合は要支援度によって異なります。

 

要支援1

限度額(月額):5,003単位
1ヶ月あたりの利用限度額:50,030円

 

要支援2

限度額(月額):10,473単位
1ヶ月あたりの利用限度額:104,730円

 

要介護1

限度額(月額):16,692単位
1ヶ月あたりの利用限度額:166,920円

 

要介護2

限度額(月額):19,616単位
1ヶ月あたりの利用限度額:196,160円

 

要介護3

限度額(月額):26,931単位
1ヶ月あたりの利用限度額:269,310円

 

要介護4

限度額(月額):30,806単位
1ヶ月あたりの利用限度額:308,060円

 

要介護5

限度額(月額):36,065単位
1ヶ月あたりの利用限度額:360,650円

 

認知症によって生活に支障をきたしている場合、老人ホームなどの介護施設への入居を検討するだけでなく、現時点での生活の安全を確保するための工夫も必要です。

 

すぐに介護保険の利用を申請して介護度が出たらそれに応じた住宅改修や、福祉用具レンタルを開始しましょう。

 

それと同時に、介護施設への入居を検討していくことができます。

 

・施設の種類はいろいろとある

 

認知症に対応しているのはグループホームが一般的ですが、かなり重度の状態になると受け付けてくれない場合がありますので、何パターンかの用意をしておく必要があります。

 

一番良いのが介護付有料老人ホームの認知症対応型を探すことです。

 

家族全員が働いておられるということであれば経済的な負担に関してはそこまで深刻ではないかもしれません。

 

入居金や月々の費用が発生しますが、手厚い介護をしてくれるホームを見つけることができるなら、安心して預けることができます。

 

・入居金と月々の費用を選べる施設もある

 

入居金を払うのが厳しいという場合は月々の費用を少し高く払いながら、お世話をお願いすることができる老人ホームもあります。

 

現段階での預貯金額と、毎月もらえる年金額によって判断も分かれてきますが、入居金を一気に支払うか、毎月の費用を少し高めに支払うかを選択することができます。

 

いずれにしても、各施設によって様々なシステムを設けていますので、情報を集めていく必要があります。

 

簡単に施設を移動するという事は難しいので、早く預けたいという気持ちがあったとしても、しっかりと施設選びをしないといけません。

 

経済的な面だけではなく、どのような介護してくれるのかという点も考慮に入れて考えるべきです。

 

在宅でもある程度の安全性を確保できる方法を考えながら、施設選びを同時並行で行っていくのがベストです。

 

相談できる相手はたくさんいるので、家族だけで抱え込まずに、専門家をできる限りフル活用しましょう。

 

そうすることで、介護する家族にとっても介護される側にとっても、ベストな選択ができるようになります。

 

 

東京の老人ホーム一覧へ