富裕層向け有料老人ホームについて

富裕層向け有料老人ホームについて

 

 

東京の老人ホーム一覧へ

 

 

Q:富裕層向けの老人ホームを検討していますが費用に驚いています、
中でも富裕層向け有料老人ホームの場合一時金が数千万円のところがありますが、あれは何の費用でしょうか?
毎月の費用はかかるのにこのお金はなにに必要なのでしょうか?
特養がいっぱいで入れなかったのですが、ほかに低予算で介護施設に入る方法はありませんか?

 

 

A:富裕層向けの有料老人ホームでは数千万円はかかるのは当然、ハイクラスの富裕層向け有料老人ホームだと億単位で入居費用が掛かる場合も珍しくありません。
これらの金額は医療体制(セキュリティや看護師が24時間待機)など様々です。

 

富裕層向け有料老人ホームの一覧はこちら

 

また短期間であれば月額費用をやや高めにして初期費用を抑えることができる有料老人ホームもあります。

 

中には意味のない高額な入居金を取る施設もありますが、最近は各自治体がしっかりと目を光らせているので悪質業者は少なくなっているのでだまされる心配は少ないと言えます。

 

しかし、いろいろな施設がありますので、入る時には注意が必要です。

 

・長生きをした際の担保

 

あまり良い言葉にはなりませんが、入居者が長生きをすればするほど月額費用だけでは賄えないほどの費用がかかる場合があります。

 

平均的には5年前後と言われている入居期間ですが、入居者が長い期間その施設で生活するための準備をしなければなりません。

 

そのような際に一時金をしっかりととっていれば、施設の経営を賄うことができるのです。

 

表向き上はこのような理由で敷金のような形で、入居金が請求されることになりますが、経営者が悪質な場合には、契約した時点でかなりの金額を償却してしまったことにして、もしも早く対処することになったとしても返金をしないという稼ぎ方をする場合もあります。

 

ですから初期償却がどれぐらいなのかということは、契約する前に把握しておかなければなりません。

 

・入居金がかからない施設もあるのでいろいろな条件で探す

 

一時金を支払うのが難しいという場合、介護付有料老人ホームでも、月額費用を少しプラスするだけで一時金を0にしてくれるところが多いです。

 

最低限のサービスをしてくれれば良いということであれば、ある程度安い老人ホームを見つけるのが一番良いでしょう。

 

特養が厳しいということでしたら、一般の有料老人ホームを探すしかありませんし、ケアハウスなども考慮できますが、ある程度の毎月費用は計算しておかなければいけません。

 

何千万円もの一時金を請求するところは、非常に手厚い介護サービスをしている場合があります。

 

それぐらい高価なサービスを望んでいるのなら別ですが、普通に介護してくれるというレベルで良いのであれば、安い老人保健施設も増えています。

 

とにかく情報を集めてみると、入居金も安く月額費用も抑えられている施設を見つけることができるでしょう。

 

その代わり人気も高くなりますので、素早く行動することが大切です。

 

東京の老人ホーム一覧へ