東京のグループホームの空き状況は?

東京のグループホームの空き状況は?

東京のグループホームの空きを今すぐ調べられます。

 

グループホーム

 

東京の老人ホーム一覧へ

 

グループホームなどの介護施設がどこにどのぐらいあるのか?空き室があるのかについては、これまでは市町村や区の老人福祉課の窓口にいくか、電話で問い合わせしなければわかりませんでした。

 

でも、介護を必要としている家族や本人にとってわざわざ福祉課まで行って相談するのは時間も手間もかかるし、電話だけで今の現状や介護の必要度が正しくすべて伝わるのは難しいですよね。

 

知りたいことの情報を知るだけでも手間がかかる。
これは、まだまだ役所がお役所仕事を抜けきれない問題点です。

 

今は行政にグループホームを紹介するよりもはるかに楽に便利にグループホームの空き室情報を知ることができます。
それが、みんなの介護の空き室検索サービスです。

 

このサービスのメリットは、ネット環境があれば住んでいる地域や住みたい地域に絞って今空きがある老人施設の情報が今すぐに調べられることです。

 

会員登録したりする必要もないので、気楽に利用することができますね。

 

東京の老人ホーム一覧へ

 

福祉相談窓口と民間のグループホーム入居では何か違う?

 

市町村の福祉相談窓口でグループホーム紹介された場合と、民間の検索サービス・紹介を利用してグループホームに入居した場合では、その過程が違うだけで受けられるサービスや料金・行政サービスが変わることはありません。

 

 

どちらも介護保険が適用される部分と自己負担となる部分は同じなのです。

 

 

高齢者福祉施設では、部屋代としての「月額利用料(自己負担)」と「介護保険サービス部分(1割自己負担)」「介護保険対象外となる部分」の料金がかかります。

 

なので、公的機関を通してグループホームに入居しても民間の仲介業者を通じて入居しても料金や介護保険のサービス内容や料金が変わることはありません。

 

 

ただし、民間サービスを利用することで対象のなっている老人施設に入居すると入居のお祝い金サービスがあります。

 

また、行政に相談したり・施設を紹介してもらうことと民間のグループホーム紹介サービスの違いは、当事者目線で施設選びができることです。

 

 

本当に入居者の望んでいる生活ができるグループホーム紹介

 

役所で相談をしたことがあるならわかると思うのですが、やはりどこかお役所仕事と感じる部分を感じてしまうことがあります。

 

もちろん、きちんと相談者の話を親身になって聞いて一番良いと思うサービスを紹介してくれようとしてくれているのですが、そのベースが公務員的考え方になっていると思うのです。

 

例えば「健康的で豊かな暮らしができるように。」とかです。

 

 

確かにそれは必要なこと、でもそれは当たり前であって最低限の条件だと思うんです。

 

 

そこに「余暇や外出を楽しむ」ことだったり「買い物を楽しみたい」だったり「緑に囲まれたところで暮らしたい」とかのこういうライフスタイルで暮らしたい自分らしい生活ができる住まいかどうかはあまり考慮されません。

 

でも、民間の仲介業者なら顧客満足度を第1に考えていると言えます。

 

民間と行政の良さを取り入れる。

 

役所の相談窓口であるワーカーさんや高齢者の担当者さんは1人で何十人も案件を抱えてそれを処理しなければならない。という現場の大変さもあるので悪気はなくても件数をこなさないといけない現実があります。

 

 

でも、使える行政サービスや補助、助成金、補助金などについては知識豊富で相談して使える行政サービスを十分に利用できるメリットがあります。

 

特に福祉関係の法律やサービスは良く変わるのでそれを知るにはお役所を活用した方が良いです。

 

その上で、グループホームでサービスを受ける顧客という視点で住まいを探してくれる民間仲介業者を利用するのが、理想と現実を上手に調和させることになり、行政のサービスや補助金を受けながら望んでいるライフスタイルを充実させることができるでしょう。