東京都の有料老人ホーム情報

要支援1でも有料老人ホームなら入居できます。


要支援の状態でも入れる老人ホームはたくさんあります。
まずは地域と入居者の希望にあった老人ホームから選んでいきましょう。

要支援1とは、

 

日常生活の基本的なこと(食事や排泄、歩行など)はほとんど自立して行なうことができるけれども、支えがないと立てないなど日常動作の一部に介助を必要とする、もしくは買い物や掃除などにおいて何かしらの支援を必要とする状態のことを言います。

 

在宅などで生活をする方もいる一方で、何かと安心できると高齢者住宅や将来的に介護サービスが必要になったときに備えて住みたい地域やサービスの整った有料老人ホームなどに住み替えを検討されることも多くなっています。

 

高齢者向け住宅や有料老人ホームは、要支援1の方でも入居することができます。

 

 

要支援・要介護入居可の老人ホーム一覧

 

 

 

最近は有料老人ホームの質も向上し、それぞれの施設が顧客サービスに力を入れているため、

 

癒しの住空間や各部屋にナースコール設置、24時間有人対応など生活の安心感とイベントやアクティビティ、旅行、観光などの人生を楽しむ取り組みにも力を入れていることが多いのが特徴です。

 

それぞれの施設で、力を入れている部分や売りにしているところが違うので、インターネットで眺めているだけでもうっとりするような高級アパートメントのようなところもたくさん登場してきています。

要支援1で有料老人ホームに入所した場合の費用は?

では、ここで、「介護保険制度を利用しながら、要支援1で有料老人ホームに入所するケース」
を想定し、かかってくる費用について書いていきます。

 

介護保険制度では、サービスを利用するときには、原則として、この介護認定を受けなければなりません。

 

介護認定で等級が決まることで、受けられるサービスや支給限度額が決まり介護保険制度内でその金額までが支給されます。

 

この支給限度額、というのは、介護保険制度に基いてサービスの利用に対する給付額の上限が決められているもので、ケアプランを作るときには、基本的に支給限度額内で作成されます。

 

また、超えた分は全額自己負担で介護サービスを利用することになります。

 

有料老人ホームに入居した場合、介護保険給付分のサービスは、費用の1割分のみを負担することになります。

 

在宅で介護保険サービスを受けることとの違いは、入所している施設でかかる生活に関する費用です。
有料老人ホームなどの施設に入所して受けるサービスの場合、部屋の住居費や食費、日常生活費用などが上げられます。

 

このため、有料老人ホームを利用するときには、介護にかかる費用+生活に必要なお金(月額費用)が必要となります。

 

要支援1で介護保険制度を利用した場合の自己負担金は1割(2013年12月現在)となります。

 

 

月額費用については、建物で生活するための賃料のような部分もあり、それぞれの施設で大きく差があるところです。

 

そのため、住む地域にある施設をいろいろと知ることが条件にあった住まいを見つけるのにはとても重要になってきます。

 

また、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、グループホーム、住宅型有料老人ホームなど、さまざまな呼び名の施設が多いので、それぞれの違いを知ることも施設選びをスムーズにするコツです。
「いろんな施設がありすぎて、違いがわからない」
「どんな施設があるか知りたい」

 

と言う方は、こちらのページで無料で資料請求が可能です。

 

・どんな住まいがあるか?
・入居にかかる費用
・入居基準、設備やサービスの違い
・各施設ごとのメリット・デメリット

 

など資料請求して一度調べてみましょう。

 

要支援・要介護入居可の老人ホーム一覧