東京都のシニアマンション案内

東京都にあるシニアマンション情報

シニアマンションとは、シニア専用に作られた設備の整ったマンションのことです。

 

1人暮らしや健康だけれども自宅の老朽化や住みにくくなってきたなどの理由から人気が高まっています。

 

そのため、シニア向け物件専用の不動産屋も登場してきています。

 

東京の老人ホーム一覧へ

 

一般的な賃貸・分譲物件ではユニバーサルデザインと呼ばれる誰もが使いやすいデザインが用いられる程度ですが、
シニア世代の体の動きや生活上の動線、健康上や身体機能などにも配慮しつくされた住宅です。

 

段差を失くすなどの最低限の作りだけでなく、万が一の病気や怪我などまでも配慮されています。

 

たとえば、マンションの場合、扉を閉めてしまうと完全にプライベート空間となる一方で、閉鎖的になってしまい、突然の体調不良や転倒事故などのときに発見が遅れてしまいやすいです。

 

 

そのような欠点も

 

人感センサーやいざというときに押せる位置につけられた緊急ボタン
などによって迅速に対応できるような工夫がされている

 

のもシニアマンションの特徴です。

 

 

とても注目されているシニア向けの住宅ですが、単にシニアでも入居できる物件とここで紹介したようないざというときのための備えがある物件とがあります。
今は、身の回りのことを自分で全部できても数年先、10年後はわかりませんし、介護や少し生活の手伝いが必要になった場合に継続して住み続けられるかどうか?も調べておきましょう。

 

 

なぜなら、シニアマンションの中には、介護が必要となった場合は、引き続き入居し続けるのが難しい物件もあります。

 

その一方で、提携しているケアセンターから介護サービスを派遣して利用しながら住み続けられるようになっている住宅もあります。

 

そういった先まで見据えた住宅探しがシニアマンション探しには大切です。

 

住宅自体に介護サービスや医療機関が併設されている、また、ケアスタッフが24時間配置されている

 

プライバシーの守られた環境や個室が完備されていながらも介護や医療の充実した有料老人ホームも選択肢の一つとして検討しておくのも良いでしょう。

 

 

一昔前であれば、「老人ホーム」と名がつくだけで、暗いイメージやあまり良い印象を思い浮かべないですが、今は全くそんなことがありません。

 

むしろ、スタッフが管理しているからこそ適度な自由や趣味ができる。というメリットもあります。

 

そういった住宅の中には、飲酒ができるとこもあるぐらいで、今のシニア向け住宅は顧客サービスが充実しているのです。

 

シニアマンション選びでは、シニア向け分譲マンション以外にも

 

サービス付き高齢者向け住宅
・高齢者専用賃貸住宅
・高齢者向け有料賃貸住宅
・介護付き有料老人ホーム
・住宅型有料老人ホーム
・健康型有料老人ホーム

 

なども合わせて見ておくと良いでしょう。
シニア向けの物件には、それぞれの住宅ごとにメリット・デメリットがあります。

 

シニアマンションの一番のデメリットは、購入費用や管理費・修繕積立金が高いことと介護が必要になったり、重度になると住み続けられない点でしょう。

 

メリットとしては、自由度が高く、住みやすいこと資産形成としても可能なことがあげられます。

 

今の必要としているサービスやニーズと将来必要になるかもしれないサービスやニーズそれを検討しながらじっくりとシニアマンション選びをするなら、インターネットによる検索やとても便利です。

 

 

また、気になる物件があった場合は、現地に内覧に行く前に資料請求することで事前に情報を手にすることができます。

 

 

ご希望の条件で施設が探せます。

 

渋谷区,有料老人ホーム渋谷区,有料老人ホーム渋谷区,有料老人ホーム渋谷区,有料老人ホーム

 

東京都のシニアの住まい探し検索では、入居金無料物件、月額費用10万円以下物件など人気施設が多数!

 

東京の老人ホーム一覧へ